先ずブログより始めよ


皆様初めまして。元料理人、今はグルメ系スタートアップのエンジニア、りょーすけです。

「エンジニアたるもの、ブログを書くべし!!」との教えを受け、まんまと始めちゃいました。

なぜ始めたほうがいいのか、どういう風に役立つのか。自分で実際にやってみて、感じたことがいくつかあるので、記念すべき最初の記事はこのあたりを書いていきたいと思います。

【ブログを始めるべき三つの理由】

其の一 〜インフラに詳しくなれる〜

ソフトフェアを組むのがメインであるエンジニアの場合、「プログラミングは出来ても、インフラのことはよく分からない」という方、結構多いのではないでしょうか。はい、私もその一人です。恥ずかしながら、半年前まで「sudoって何ですか?」っていうレベルでしたw

受託系の中堅以上のSIerなどであれば、インフラエンジニアがいるのでそれで大丈夫なのですが、スタートアップのエンジニアだとそういうわけにはいきません。何から何までやってこそスタートアップのエンジニア!ということで、日々インフラの勉強も欠かせません。

「ブログを始めるにあたり、エンジニアたるもの環境構築から行うべし!」との教えを守り、自分でVPSを借り、sudo,sshなどお決まりの設定を経て、wordpressをインストール。nginxをリバースプロキシとして追加し、自分でドメインを取得してDNSの設定を行い、、、ということをすることで、全体としてWEBサービスなどがどのような設定でどのように動いているのか、が理解できたように思います。これはインフラさっぱり系エンジニアにとって大きなことではないでしょうか。

 

其の二 〜サーバーを運用するということを経験できる〜

先ほどのインフラの続きになりますが、サーバーを自分が運用する。いや、運用せざるを得ない状況になるということが、とても大事だと思います。インフラに詳しい方が職場に別でいる状態で、いくらインフラのことを学んでも、心の何処かで「あの人がなんとかしてくれるだろう」と思ってしまいます。対して、自分でサーバーを借り、ブログでもなんでも始めることによって、「自分しかこのサーバーを見る人間がいない」という状況が生まれます。尻に火がつかないと頑張れない私のようなエンジニアは多いはずw ぜひ自分で運用しましょう。

 

其の三 〜文章を書く習慣がつく〜

新しいサービスを作る場合、サービス自体を作るだけでなく、その内容を世の中に上手く伝えていかなければ意味がありません。その時に重要なのが、メルマガなどの文章をつかったマーケティングです。自慢じゃありませんが、私の文章力はスットコです。文章が上手い人のブログやメルマガを読むと、「おおーすごいなー!」と感心するばかり。自分でブログを定期的に書いていると、自然と文章力や、伝えたいことを伝える力や構成、マーケティングの力がついていくのだと思います。ぜひみんなどんどん文章を書きましょう。

 

とりあえず今回は3つの理由を書きました。まだまだメリットはたくさんあると思います。どうです?ブログを始めてみたくなりましたか?

これから私は、三日坊主にならないように注意しつつw  エンジニアらしいことや料理ネタ、趣味の剣道の話など、自由気ままに更新していきたいと思いますので、皆様よろしくお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です